ではどんな食べ物が具体的に便秘に良いのか

便秘の原因はわかりましたが、では具体的になにを食べれば、どんな食生活を心がければ便秘を解消出来るのでしょうか。上記でも述べたように便秘には食物繊維を多く含んだ食材を食べれば良いのですが実は食物繊維を多く含む食材にはに2種類あるのです。1つは水溶性の食物繊維です。水溶性の食物繊維は、こんにゃく、わかめや昆布などの海藻類、キャベツやかぼちゃ、大根などに多く含まれています。水溶性の食物繊維は腸内で善玉菌を活発にしたり、腸内の多すぎる水分を吸収し便をやわらかくする働きがあります。もう1つが不溶性の食物繊維です。不溶性の食物繊維は、豆類、りんごやナシ、いちご、ココア、ごぼう、ふすまや玄米、穀類などに多く含まれています。
不溶性の食物繊維はその名の通り胃では溶けず腸まで届くので、便の量を増やし、それによって腸の動きが活発になることで便が排出されやすくなるのです。また2つの食物繊維は便の排出に伴って不要な有害物質も排出してくれますのでより良い腸内環境に整えることが出来るのです。このように食物繊維は2種類あり、それぞれの特徴を活かし、バランスよく両方とることが便秘には効果的なのです。
これらをふまえた食事を毎日意識して摂取することで便秘知らずになりたいですね。
http://www.leedphilly.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です